ミノキシジルタブレット通販

 

ミノキシジルタブレット売れ筋ランキング

ミノキシジルタブレットは一般に個人輸入代行という方法で入手します。
そこでミノキシジルタブレット製品を人気・売れ筋でランキングしています。

 

フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)

フィンペとミノタブのセット。抜け毛予防と発毛効果で相乗効果の期待が大きい!ミノタブ5mgのセットもあり。

ミノキシジルタブレット5mg
ミノキシジルタブレット5mg

純粋にミノキシジルタブレットを試したいという人に。ミノタブ単独での効果の有無が分かります。ミノタブ10mgもあり。

プロペシア(アメリカ版)2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット5mg100錠
プロペシア(アメリカ版)2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット5mg100錠

やっぱり純正のプロペシアがいいという人に人気。プロペシアは2ヶ月分、ミノタブは3ヶ月分なので注意。ミノタブ10mgのセットもあり。

フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)。フィンカーは5mgなので1/4にカットして服用すべし。最も経済的。

プロスカー(Proscar) 2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
プロスカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)。プロスカーは米メルク社製のオリジナル医薬品、フィナステリド5mgなのでカットして服用します。ミノタブ5mgのセットもあり。

 

ミノキシジルタブレットの有効性

ミノキシジルのリキッドタイプは、アメリカ食品医薬品局に認証された育毛成分で高い効果があると定評があります。
また日本皮膚科学会でも男性型脱毛症に効果があるとミノキシジルを強く推薦しています。

 

ミノキシジルを使った育毛剤が国内で販売されているのは塗るタイプの「リアップ」のみ。
海外では、ロゲイン・カークランド・ポラリスなどのリキッドタイプに加え、ミノキシジルタブレット・ノキシジル・ロニタブ錠剤タイプなどさまざまな商品があります。

 

 

飲むミノキシジル、つまりミノキシジルタブレットは血圧を下げる薬です。
その副作用として発毛がみられたことから塗るタイプの育毛剤に発展しました。

 

錠剤タイプは育毛薬として推進されてはいません。
あくまでも降圧剤です。

 

毛が生えるという口コミだけで安易な服用は避けましょう。

 

 

ミノキシジルタブレットの効果・副作用を十分に理解して使うようにしましょう。

 

実際、国内の発毛専門クリニックにはこのミノキシジルタブレットを処方しているところもあります。
ただ、病院・クリニック処方の育毛薬はかなり高額なので続けることが難しい人が多いのも事実。
そこでネット通販を使って入手する人もいます。

 

 

こんな人がミノキシジルタブレットを使ってる

ミノキシジルタブレットは発毛を保証するものではありません。

  • 男性型脱毛症の人
  • どうしてもハゲを治したい
  • 現状維持でなく発毛させたい
  • いろいろな育毛剤を使ったが効果が出ない
  • カツラはいやだ
  • 高いお金をかけたくない
  • 費用対効果の高い育毛をしたい
  • 体毛が増えるのを気にしない

上記の人は育毛効果が出るかは分かりませんが、試してみる価値はあるでしょう。
ただし十分に副作用に注意しましょう。

 

 

ミノキシジルタブレットのメリット・デメリット

メリット

  • 高い発毛効果が期待できる
  • 他の育毛剤で効果がなかった人にも効果が出るかも
  • 一般的な育毛剤よりまあまあ割安
  • 1日1回飲むだけの手間いらず
  • 塗布剤と違い頭がべた付かない
  • 肌が弱い人でも服用できる

 

デメリット

  • 副作用のリスクがある
  • 体毛が増える可能性大

 

 

ミノキシジルタブレットは血圧を下げる薬です。
服用により重篤な副作用に見舞われるリスクもあります。注意しましょう。

 

初めて使う人はタブレットをカットして少量ずつ服用し、副作用がないことを確認し、徐々に量を増やすとよいでしょう。