ミノキシジルタブレット摂取量

 

ミノキシジルタブレットの適正な摂取量は!?

 

ミノキシジルタブレットは育毛効果が優れている反面、副作用が懸念されます。
早く発毛させたいあまり、最初からたくさん飲んでしまい副作用に見舞われる人もいます。

 

そこで大切なのがミノタブの摂取量。

 

 

ミノキシジルタブレットの摂取量コントロール

ミノキシジルによる副作用のリスクを考慮して、初めて飲む人は、できるだけ少ない量を飲みます。

 

目安としては、1日1回2.5mg
この量を最低1週間は続けましょう。

 

もし副作用がなければ、増やしても良いですし、そのままの量を続けて様子を見ても良いでしょう。

 

2.5mgのタブレットも販売されていますが、5mgや10mgをピルカッターでカットして使えば、経済的だし、増量も可能。

 

 

次の段階で服用量を増やすなら5mg
2.5mgや5mgでも十分、発毛する可能性があります。

 

副作用のリスクが低く、発毛率が高い5mgがおススメ。

 

 

ミノタブは最大で1日10mgまで服用可能となっています。
中には15mgを服用している人もいるようですが、あまりおススメできません。

 

 

副作用のリスク

ミノタブ服用で副作用が出るか出ないかは、体質の違いとしか言わざるを得ません。
実際に飲んでみないと分かりません。

 

なので最初は少量の服用をおススメします。

 

 

もし何かしらの副作用が出たら使用を中止し、AGA専門クリニックに相談するとよいでしょう。
AGA専門クリニックの先生はミノキシジルに詳しいですから。

 

 

 

ミノキシジルタブレット売れ筋ランキング

フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
抜け毛を減らして発毛を促す両方の効果を相乗的に発揮するフィンペとミノタブのセット。ミノタブ5mgのセットもあり。

ミノキシジルタブレット5mg
ミノキシジルタブレットだけでも驚くほどの効果を実感する人もいます。初めて使う人は5mgがいいかも。ミノタブ10mgもあり。

プロペシア(アメリカ版)2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット5mg100錠
正規品のプロペシアと組み合わせて使いたいという人も多い。プロペは2ヶ月分、ミノタブは3ヶ月分のセットなので注意。ミノタブ10mgのセットもあり。

フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
5mgのフィンカーは1/4にカットして服用するのでとっても経済的。ピルカッターがあると便利。

プロスカー(Proscar) 2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
プロスカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)。プロスカーは米メルク社製のオリジナル医薬品、フィナステリド5mgなのでカットして服用します。ミノタブ5mgのセットもあり。

 

 

関連ページ

ミノキシジルタブレットの服用方法
ミノキシジルタブレットの正しい服用方法をマスターし、効果的に育毛しつつ、副作用をより少なくしましょう!
発毛までの期間
ミノキシジルタブレットを服用したら発毛までどのぐらいの期間がかかるでしょう!?個人差はありますが、早ければ1ヶ月ぐらいから生え出します。
ミノタブ成分
最強育毛剤とも言われているミノキシジルタブレットの成分は!?なぜこんなに育毛効果があるのでしょう!?