ミノキシジルタブレットとは

 

ミノキシジルタブレットとは何でしょう!?

 

ミノキシジルは、1980年代にアメリカの製薬会社アップジョン社(現ファイザー)によって開発された脱毛症の治療薬
リキッドタイプの育毛剤と錠剤がありますが、錠剤タイプをミノキシジルタブレットと呼びます。

 

 

元々、ミノキシジルは、高血圧患者に対して血管を拡張し、血圧を下げる降圧剤として1970年代からアメリカで使われていた薬。

 

ところが、その副作用で多毛症になる人が多かったことがきっかけで研究が進み、脱毛症に有効であることがわかったのです。

 

ミノキシジルは脱毛抑制のフィナステリドとは違い、毛母細胞に直接働きかけ、細胞分裂を活性化させ、髪成長を早め、発毛を促します。

 

 

ミノキシジルタブレットは効果が高いと非常に人気があり、多くの人が利用しています。
主にフィンペシアなどのフィナステリドと併用する人がほとんど。

 

ただ、高い効果がある反面、副作用のリスクが気になるところ。

 

 

ミノキシジルタブレットの製品特徴

ミノキシジルタブレットには、2.5mgや5mg、10mg含有の錠剤があります。
それぞれの用途に合わせて選ぶことができます。

 

正規品の製品名は「ロニテン」、「ミノキシジルタブレット」、「ロニタブ」はジェネリックの製品名となります。

 

何れも発毛効果は同じ。
ただ、価格は商品によって大きく違うのでよくチェックしましょう!

 

 

 

ミノキシジルタブレット売れ筋ランキング

フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
効果・副作用を十分に理解して上手に活用しましょう。ミノタブで人生変わるかもしれません。

フィンペシアはインドシプラ社のキノリンイエローフリーの新タイプ。
ミノキシジルタブレットはタイのT.O. Med社製で人気あり。

ミノキシジルタブレット5mg
ミノタブの効果を実感しよう!ただし副作用にも十分注意しましょう。

タイのT.O. Med社製。人気の高い商品。

プロペシア(アメリカ版)2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット5mg100錠
元祖AGA治療薬プロペシアとの組み合わせ。フィンペシアとプロペシアの違いはないはずですが、プロペシアの方が安心と思う人は多い。

プロペシアは米メルク社の純正品。

フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
フィンカーは量が多いのでカットして使えるので超お得。ピルカッターがあると重宝します。

フィンカーはインドCipla社製。

プロスカー(Proscar) 2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
プロスカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)。プロスカーは米メルク社製のオリジナル医薬品、フィナステリド5mgなのでカットして服用します。5等分したいけど、難しいので4等分して服用します。ミノタブ5mgのセットもあり。

 

 

関連ページ

ミノタブの口コミ
ミノキシジルタブレットの口コミを検証して、主に効果・副作用を見極めましょう!自分に合うかよく判断しましょう!
ミノタブの製薬会社
ミノキシジルタブレットはさまざまな製薬会社で製造されています。それぞれの用量・価格・会社の特徴などを解説。
ミノタブの開発経緯
ミノキシジルタブレットは元々育毛剤として開発された訳ではありません。高血圧の薬として作られたのですが、偶然の副産物として発毛がみられたのです。その開発の経緯をを解説。
ミノタブの偽物
ミノキシジルタブレットは無数のショップで販売されています。中には偽物を販売するサイトもあるようです。サイトを見ただけでは見極めはできません。口コミ・評価を参考に信頼のあるショップから購入しましょう。
女性がミノタブ
ミノキシジルタブレットは高い育毛効果があるとのことですが、女性でも使えるのでしょうか?リアップやロゲインなどは女性用もありますが・・・。