ミノキシジルタブレット製薬会社

 

ミノキシジルタブレットの製薬会社

ミノキシジルの錠剤はさまざまな製薬会社から販売されています。

 

主な製品に「ロニテン」、「ミノキシジルタブレット」、「ノキシジル」「ロニタブ」などがあります。

 

何れも育毛の効果は同様と考えられますが、それぞれ価格・梱包タイプなどが違います。

 

それぞれの特徴を踏まえて購入の検討をしましょう!

 

 

ファイザー社

  • 商品名:ロニテン

  • 製造国:米国
  • 錠数:1箱100錠
  • ミノキシジル用量:5mg・10mg
  • タイプ:ボトルタイプ
  • 参考価格:1箱5mg 7,868円、1箱10mg 11,317円

 

ファイザー社は世界売上1位の米国の製薬会社。
世界をリードする研究開発型の製薬企業。

 

循環器系、中枢神経系、鎮痛・抗炎症系、筋骨格系、感染症、泌尿器系、眼科系、ガン、内分泌系、ワクチン、希少疾病などの幅広い分野で新薬を製造・販売しています。

 

 

ミノキシジルは1980年代に米製薬会社アップジョン社によって開発されました。
後にアップジョン社はファイザーに買収されています。

 

ミノキシジル錠剤の商品名は「ロニテン」で正規品。
5mgと10mgのタイプがありますので用途に合わせて選びましょう。
価格はジェネリックより高い。
ロニテン(Loniten)10mg

 

 

TO MED社

  • 商品名:ノキシジル
  • 製造国:タイ
  • 錠数:1箱100錠
  • ミノキシジル用量:5mg・10mg
  • タイプ:シートタイプ
  • 参考価格:1箱5mg 2,769円、1箱10mg 2,978円

 

TO MED社は、タイのTOグループのグループ会社。
創業は1979年、30年以上の歴史があるタイでは比較的大きな製薬会社。
グループ企業では、ほとんどがジェネリック薬を製造しています。

 

例えば、ザナメット(胃潰瘍の治療薬)、ケフレックス(抗生物質)、ドンペリドン(消化管運動改善薬)、アロリック(痛風、高尿酸血症治療薬)など。

 

ミノキシジルタブレットとしては最も有名で人気のある商品。
正式名称は5mgの製品が「Noxidil Tablets」、10mgが「Noxidil Forte Tablets」と呼びます。

 

効果はロニテンと同じと考えられますが、価格は安い。
シートタイプなので清潔で酸化しにくく、高品質タイプ。

 

フィンペシアやL-リジンと併用する人が多い。
ミノキシジルタブレット10mg

 

 

またノキシジルの旧タイプもあります。

  • 商品名:ノキシジル

  • 製造国:タイ
  • 錠数:1箱100錠
  • ミノキシジル用量:5mg・10mg
  • タイプ:ボトルタイプ
  • 参考価格:1箱5mg 2,591円、1箱10mg 2,999円

 

ボトルなのでシートの新タイプより安い。
ミノキシジルタブレット(ボトルタイプ)10mg

 

 

Mutual Pharmaceutical社

 

  • 商品名:ミノキシジルタブレットUSP

  • 製造国:米国
  • 錠数:1箱100錠
  • ミノキシジル用量:2.5mg・5mg・10mg
  • タイプ:ボトルタイプ
  • 参考価格:1箱.2.5mg 3,720円、1箱10mg 5,632円

 

Cyno Pharmaceuticals社はインドにある主にジェネリック医薬品を製造・販売している製薬会社。

 

ロニテンのジェネリック医薬品・
育毛効果はロニテンと同様ですが、価格は安い。
ミノキシジルタブレット2.5mg(米国Mutual Pharmaceutical製)

 

 

Cyno Pharmaceuticals社

  • 商品名:ミノキシジルタブレットUSP
  • 製造国:インド
  • 錠数:1箱100錠
  • ミノキシジル用量:5mg・10mg
  • タイプ:ボトルタイプ
  • 参考価格:1箱5mg 2,800円、1箱10mg 2,920円

 

Mutual Pharmaceutical社は1646年創立、米国フィラデルフィアに本社をおき、主にジェネリック医薬品を製造・販売している製薬会社。

 

商品名は、「ミノキシジルタブレットUSP」。
ラインナップは、2.5mg・5mg・10mgの3種類。
唯一2.5mgの錠剤があります。
ミノキシジルタブレットの詳細

 

 

インタスファーマ社

 

  • 商品名:ロニタブ
  • 製造国:インド
  • 錠数:1箱10錠
  • ミノキシジル用量:5mg
  • タイプ:シートタイプ
  • 参考価格:1箱5mg 2,838円

 

インタスファーマ社は、主ににジェネリック医薬品を製造・販売しているインドの製薬会社。
グローバルに展開し、信頼性は高い会社。

 

ジェネリックなのに価格は高い。
1箱に10錠しか入っていないので注意しましょう。
ロニタブの詳細

 

 

 

ミノキシジルタブレット売れ筋ランキング

フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
効果・副作用を十分に理解して上手に活用しましょう。ミノタブで人生変わるかもしれません。

フィンペシアはインドシプラ社のキノリンイエローフリーの新タイプ。
ミノキシジルタブレットはタイのT.O. Med社製で人気あり。

ミノキシジルタブレット5mg
ミノタブの口コミを参考に自分に合うかどうかをよく考えて選びましょう。効果はある分、副作用も出る人がいます。

タイのT.O. Med社製。人気の高い商品。

プロペシア(アメリカ版)2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット5mg100錠
よい意見ばかりでなく悪い意見も参考に検討しましょう。副作用をどの程度まで受け入れられるかも大切なポイント。

プロペシアは米メルク社の純正品。

フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
フィンカーは量が多いのでカットして使えるので超お得。ピルカッターがあると重宝します。

フィンカーはインドCipla社製。

プロスカー(Proscar) 2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
プロスカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)。プロスカーは米メルク社製のオリジナル医薬品、フィナステリド5mgなのでカットして服用します。5等分したいけど、難しいので4等分して服用します。ミノタブ5mgのセットもあり。

 

 

関連ページ

ミノタブとは
ミノキシジルタブレットとは!?元々は血圧を下げる薬。その効果・副作用・価格など特性を徹底解明。
ミノタブの口コミ
ミノキシジルタブレットの口コミを検証して、主に効果・副作用を見極めましょう!自分に合うかよく判断しましょう!
ミノタブの開発経緯
ミノキシジルタブレットは元々育毛剤として開発された訳ではありません。高血圧の薬として作られたのですが、偶然の副産物として発毛がみられたのです。その開発の経緯をを解説。
ミノタブの偽物
ミノキシジルタブレットは無数のショップで販売されています。中には偽物を販売するサイトもあるようです。サイトを見ただけでは見極めはできません。口コミ・評価を参考に信頼のあるショップから購入しましょう。
女性がミノタブ
ミノキシジルタブレットは高い育毛効果があるとのことですが、女性でも使えるのでしょうか?リアップやロゲインなどは女性用もありますが・・・。