ミノキシジルタブレット開発経緯

 

ミノキシジルタブレットの開発経緯

ミノキシジルタブレットは、アメリカの製薬会社アップジョン社(現ファイザー)によって開発され、もともと高血圧患者に対して血管を拡張し、血圧を下げる降圧剤として1970年代からアメリカで使われていた内服薬。

 

ところが服用してた高血圧の患者さんの全身に毛が生えてきて多毛症の症状が見られたのです。

 

そこでもしかしてこれは育毛に使えるかもしれないと研究が進み、脱毛症に有効であることが分かったのです。

 

 

ただ、毛が生えるからといって血圧を下げる薬を薄毛改善のために飲ませるのは、副作用のリスクの方が大きいのではないかということでミノキシジルは外用薬(塗り薬)として開発されました。

 

臨床実験では、明らかな発毛がみられ、萎縮していた毛乳頭や毛母細胞も大きくなっていることが判明。

 

 

1980年台にアメリカでミノキシジルの2%溶液がロゲインとして発売されました。
日本では1999年に大正製薬からリアップとして販売されています。
何れもリキッドタイプ。

 

 

一方、ミノキシジルタブレットは育毛薬として使う人が多いですが、現在でも降圧剤としての医薬品のままです。
ファイザー社はミノキシジルタブレットを育毛剤とは謳ってはいません。
ファイザー社の商品名は「ロニテン」。

 

ただ、錠剤タイプは塗布タイプより圧倒的に効果があるので服用する人が多いのは事実。

 

ミノキシジルタブレット5mg

 

 

 

関連ページ

ミノタブとは
ミノキシジルタブレットとは!?元々は血圧を下げる薬。その効果・副作用・価格など特性を徹底解明。
ミノタブの口コミ
ミノキシジルタブレットの口コミを検証して、主に効果・副作用を見極めましょう!自分に合うかよく判断しましょう!
ミノタブの製薬会社
ミノキシジルタブレットはさまざまな製薬会社で製造されています。それぞれの用量・価格・会社の特徴などを解説。
ミノタブの偽物
ミノキシジルタブレットは無数のショップで販売されています。中には偽物を販売するサイトもあるようです。サイトを見ただけでは見極めはできません。口コミ・評価を参考に信頼のあるショップから購入しましょう。
女性がミノタブ
ミノキシジルタブレットは高い育毛効果があるとのことですが、女性でも使えるのでしょうか?リアップやロゲインなどは女性用もありますが・・・。