ミノキシジルタブレット10mg

 

ミノキシジルタブレット10mgの効果

ミノキシジルは、元々血圧を下げる薬として開発され、血管を拡張し血行を促進する作用があります。

 

その副作用として多毛症となる人が多かったことから、さらに研究が進められ、育毛治療薬が開発されました。

 

ミノキシジルは脱毛を止め、髪を生やす効果が認められるようになったのです。
ミノキシジルには、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早める作用があるのです。

 

 

ミノキシジルタブレットには、2.5mg、5mg、10mgの錠剤があります。

 

10mgは中でもより高い効果が期待できるでしょう。
ただ、2.5mgの4倍、5mgの倍の効果が出るワケではありません。
また効果が高い反面、副作用にも注意する必要があります。
ミノキシジルタブレット10mg

 

ミノキシジルタブレット10mgの副作用

どんな薬でも言えますが強力な薬には、副作用が起こるリスクがあります。

 

最初にほぼ確実に出る副作用が体毛が濃くなることです。
頭髪以外の部分の毛も濃くなります。

 

体質によってどのくらい濃くなるかは異なりまが、
気になるほどではありません。

 

私の場合、腕や眉毛が濃くなりましたが、特に気になりませんでした。

 

どうしても気になる人は、無駄毛処理をすればよいでしょう。

 

ハゲを治せるのではれば、ちょっとぐらい毛深くなってもいいのではないでしょうか!?

 

 

またミノキシジルは元々、血圧を下げる薬です。
そのため血圧を下げる作用があり、低血圧の症状が出る場合があります。
具体的には、動悸・めまい・倦怠感などの症状が現れます。

 

ただ、血圧を下げる目的で使用する場合は、20~100mgとかなり多めに使いますので、育毛目的で5~10mgの使用であれば、血圧低下の副作用はめったに出ません。

 

 

その他の副作用として発疹やかぶれ、ふけ症、眠気や頭痛、性欲減退、体重の増加、むくみ、さらには胸の痛み、などといった心臓や血管に関係した副作用が確認されています。

 

 

体毛が濃くなる以外、副作用が起こる確率はおよそ2~3%と言われています。
ほとんどの場合、軽度です。
ごくまれに強い副作用に見舞われることがあります。

 

そこで最初は2.5mgぐらいから服用し、副作用を確認しながら徐々に増やしていくとよいでしょう。

 

 

ミノキシジルタブレット10mgの服用方法

用量

1日10mgを服用する場合、決めた時間に1錠を飲んでもいいですし、ピルカッターで2分割し、朝と夜に5mgずつ飲むのもいいでしょう。
どちらも効果に差はないようです。

 

 

初めてミノキシジルタブレットを服用する人は、副作用の危険性がありますのでいきなり10mgを飲むのは控えましょう。

 

最初は、10mgをピルカッターで4等分または5mgを半分に割り、1日に2.5mg服用します。
1週間程度は、1日2.5mgを服用し、体に異常がなければ、5mgに増やし、徐々に10mgに増やすとよいでしょう。
2.5mgのタブレットもありますのでそれを利用するのも良いでしょう。

 

 

効果を追求するあまり、どんどん量を増やしていくと、その分副作用の危険性が高くなりますので注意。
長期間、服用するものですから無理な服用は控えましょう。

 

服用のタイミング

飲む時間帯については、説明書に特に記載はありません。
胃の負担を和らげる意味でも食後に水と一緒に飲むのがよいでしょう。
朝でも晩でも良く、効果に違いはありません。

 

大切なことは飲み忘れないこと。
毎日決まった時間に飲むのがよいでしょう。
私は朝食後に服用しています。
夕食は必ず家で食べるとは限りませんので。
ミノキシジルタブレット10mg

 

 

服用を控えたい人

■血圧を下げる薬を飲んでいる人
ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬です。
高血圧で降圧剤を飲んでいる人は、ミノタブ服用で血圧が下がりすぎる危険性があります。

 

■低血圧の人も注意
低血圧の人はミノタブによって血圧が下がり過ぎるリスクがあります。AGA専門クリニックに相談しましょう。

 

■心臓・腎臓・肝臓に疾患がある人
ミノキシジルタブレットは血管を拡張する作用がありますので、心臓に負担がかかる場合がありますので使用には注意が必要です。

 

■妊婦・授乳中の人
ミノキシジルの成分が母乳中に移行するため、妊娠中や授乳中の女性は使用しないようにしましょう。

 

■未成年の人
未成年に対しては安全性が確立されていないので使用は禁忌。

 

■その他、服用して副作用が出た人は使用を中止しましょう。

 

■お酒と一緒に飲まない
アルコールは血管を広げる作用がありますのでミノタブと併用すると問題が起こる可能性があります。

 

■服用量を増やし過ぎない
早く生やしたいと焦るあまり服用量を増やし過ぎないようにしましょう。
量を増やすと血圧関連の副作用のリスクが高まります。

 

 

 

ミノキシジルタブレット売れ筋ランキング

フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)

フィンペとミノタブのセット。抜け毛予防と発毛効果で相乗効果の期待が大きい!ミノタブ5mgのセットもあり。

ミノキシジルタブレット5mg
ミノキシジルタブレット5mg

純粋にミノキシジルタブレットを試したいという人に。ミノタブ単独での効果の有無が分かります。ミノタブ10mgもあり。

プロペシア(アメリカ版)2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット5mg100錠
プロペシア(アメリカ版)2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット5mg100錠

やっぱり純正のプロペシアがいいという人に人気。プロペシアは2ヶ月分、ミノタブは3ヶ月分なので注意。ミノタブ10mgのセットもあり。

フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
フィンカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)。フィンカーは5mgなので1/4にカットして服用すべし。最も経済的。

プロスカー(Proscar) 2箱(1箱あたり28錠)+ミノキシジルタブレット10mg(100錠)
プロスカー(5mg×100錠) +ミノキシジルタブレット10mg(100錠)。プロスカーは米メルク社製のオリジナル医薬品、フィナステリド5mgなのでカットして服用します。ミノタブ5mgのセットもあり。

 


 

関連ページ

ミノキシジルタブレットの価格比較
ミノキシジルタブレットを続けるなら価格は安い方がいい!そこで安心・安全・信頼のあるショップの商品を徹底比較。
ミノキシジルタブレットの種類
ミノキシジルタブレットには正規品やジェネリックなどさまざまな種類があります。それぞれの特徴を徹底解説。
ミノキシジルタブレット5mg
ミノキシジルタブレット5mgの効果・副作用・服用方法について。強力な育毛薬ゆえに正しく使いましょう!
ミノキシジルタブレット2.5mg
ミノキシジルタブレット2.5mgの効果・副作用・服用方法について。強力な育毛薬ゆえに正しく使いましょう!
ミノキシジルタブレットの入手方法
ミノキシジルタブレットは国内の薬局では販売されていません。入手方法としては、AGA専門クリニックかネット通販からの購入が一般的。入手の方法について知っておきたいことがある!?
ミノキシジルタブレットの輸入代行
ミノキシジルタブレットは国内の薬局では購入できません。最も簡単に入手する方法は、輸入代行のサイトを利用すること。輸入代行って何!?
ミノキシジルタブレットのクリニック処方
ミノキシジルタブレットを処方しているクリニックは!?副作用が心配な人はクリニックから入手するとよいでしょう。
ロニテン通販
ロニテンはミノキシジルタブレットの正規品。元祖ミノタブだけど知名度はイマイチ。正規品のロニテンの通販はこちらから購入できます。